スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R対局自戦記 ▲四間飛車vs△斜め棒銀

こんちには。InQbusです。

今日たまたまテレビをつけたら、NHKで、電脳戦ボンクラーズvs米長会長の特集が放送されていました。
正直、内容自体は、ネット界隈で散々語られた内容とあまり変わらなかったですが、将棋がテレビでクローズアップされていると、思わずみてしまいます。

さて、今日も自戦記を書いていこうと思います。



歩を損して、頼みの角を消されて、中盤は劣勢だと思いましたが、
先手の45歩~74歩から馬を作る筋がやや強引で、それに乗っかる形で、こちらも手を作ることが出来ました。

反省点
1.36手目△44歩では、先に77角なり、▲同桂としてから△44歩を指すべきだった。歩を損して、後手の主張点である角を消されてはまずかった。
2.50手目△51金では、代わりに72歩から確実に馬を殺しに行ったほうが良かった。

くらいでしょうか。
上にあげた2手以外は割りと丁寧に指せたような気がします。
(早指しでもこのくらい丁寧にさせればいいんですが^^;)

それでは、今回はこの辺で失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

R対局自戦記 ▲居飛車vs△ゴキゲン中飛車

こんちには。InQbusです。

昨日の記事で、SMK棋戦のネタが切れてしまったので、
今日はR対局の自戦記を書いていきたいと思います。

R戦持ち時間15分。ゴキゲン中飛車vs居飛車の対抗型になりました。
ゴキゲン中飛車相手だと、主導権を握られがちになるので、
居飛車党で攻め好きな自分としてはゴキゲンを相手にするのは得意ではありません^^;


後手玉に端から手がついてからはワンサイドゲームになりましたが、
中盤、かなり苦しい展開だったと思います。
自分の反省点としては2点
1.19手目57歩と指すのはちょっと消極的。66角から54歩で相手の出過ぎを咎められたきがします。
2.46手目の△44角には、▲35歩としたほうが良かった。△同角▲36飛車に、次飛車を切ってからの34歩から、手になりそうです。(少なくとも本譜の苦しい展開よりはよさそうです。)

ともかく、不調の時に勝つことが出来たのが大きいです。
今週末にはSMKの順位戦最終局も控えていますし、なんとか調子を取り戻していきたいです。

それでは、今日はこの辺で失礼します!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

SMK順位戦第8局

こんにちは。InQbusです。
リンク集に、他のSMK会員の方のブログへのリンクを追加したり、
向こうのブログにもリンクを張っていただいたりして、
ようやくこのブログも、ブログらしくなって来ました。
相互リンクは、これからも増やしていきたいと思っています。
他の会員の方にも、これからお願いさせて頂くと思いますので、
よろしくおねがいします。

それでは、順位戦の自戦記を書いていこうと思います。
順位戦B18局目の相手は、Himetubakiさん。初手合いです。
観戦した時の様子や棋譜を拝見した感じでは、振り飛車党で、
定跡にも詳しい方だというイメージです。



34銀の対応を誤り、一瞬で敗勢になってしまいましたが、
先手が寄せを間違えられたこともあり、
なんとか勝つことが出来ました。
(順位戦はこれで6勝2敗。予想外の好成績です)

振り返ってみると、65手目の▲63銀成で、後手玉が広くなり、安全になってしまいました。
そこからは勝負型になってしまったと思います。
例えば、61手目に▲41角成△同玉▲61銀として、△は52角の一手に、▲72銀成としておけば
挟撃体制が作れ、寄っていたのではないでしょうか。
(61金や64歩で手には困らなそうです。)

勝ちはしたものの、内容的には酷い負け将棋で、
対振り飛車急戦策の再勉強が必要だなと感じました。
特に今回のように、玉頭にどんどんプレッシャーを掛けられる展開は、
自分の中で対処法が確立しておらず、毎回苦戦させられています・・・
対策を固めるためにも、逆に振り飛車を使ってみて、強い居飛車党の方の
指し手を盗むというのもありかもしれません。
(振り飛車党とぶつかって、相振り飛車になってしまった場合は全く未知の領域ですがw)

ちなみに、今回でSMK棋戦の自戦記ネタは全て使いきってしまったので、
次回からはレート戦のなかから自戦記を書いていこうと思います。
よろしくおねがいします。

それでは、今回はこれで失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

SMK順位戦第7局

こんにちは。InQbusです。
ふとしたきっかけで始めたブログも、今日でちょうど1週間。
飽きっぽい性格なので続くかどうか不安でしたが、
楽しみながら続けられています。
今後もできるだけ続けていこうと思っていますので、応援よろしくお願いします!

さて、今日もSMK順位戦の自戦記を書いていこうと思います。
今回の相手はMackey Nayaさんです。
Mackeyさんとは過去2回ほど指していて、確か1勝1敗だったと思います(違ったらすみません)
順位戦の成績も同じ4勝2敗同士なので、このの対局で今後の行方が左右されるという状況でした。

また、Mackeyさんはブログもやっておられて、自分も良く見させていただいてます。
(81dojoの存在はMackeyさんのブログで知りました。)

では、以下棋譜です。


なんとか勝つことが出来ました。
順位戦の成績が並んでいるMackeyさんに勝てたことはとても大きいです!

本譜を振り返ってみると、65手目の▲35歩への対応が本局の分かれ目だと思います。感想戦でMakceyさんもおっしゃっていましたが、落ち着いて△同銀ととっておけば、なんともなかった様です。

逆に先手のまずかった所は、56角がほとんど働かない状態になってしまったことだと思います。
24歩を指す前に、26飛車~46歩で角の効きを回復させる手があった気がします。
銀交換で局面が進む前に指しておくべきでした。

それでは、今回はこのへんで失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

SMK順位戦第6局

こんちには。InQbusです。

きょうもSMK順位戦の自戦記を書いていこうと思います。
ですが、今日からはちょっとルールを変えます。
いままの自戦記では、相手の方のHNを、イニシャルで表していたのですが、
この方とは初手合わせだとか、居飛車本格派だとかと紹介しているのに、
イニシャルでHNを隠すのはちぐはぐだなと思い、今日からHNを出させて頂きますw
(他のSMK会員の書かれているブログでも、相手の方のHN出されてますしね)

順位戦B1第6局の相手は、tuseyusaさん。
初手合いです。



うーん・・・惨敗です。
中盤で桂損してしまったのがまず悪いですが、その後の指し方も問題です。
指し方次第では有利になっていた場面もあったと思うのですが、勝負どころで有効手を指すことが出来ず、
ことごとくチャンスを逃している気がします。
次回お手合わせするときは、もっとましな将棋をさせるようにしたいと思います。
tuseyusaさん、対局ありがとうございました。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。