スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SMK王将戦】vs nakamura nobuoさん

こんにちは。InQbusです。

今日はSMK王将戦4戦目、nakamura nobuoさんとの対局を振り返っていきます。



なんとか勝つことが出来ましたが、
中盤のリードしていた割に、終盤で勝負に持ち込まれてしまった気がしますね・・・

本局で良かった所、悪かった所をまとめてみます。
良かった点
・▲の銀を捌かせずに、中央突破できた
・中盤から終盤の入り口にかけて、リードを拡大できた。

悪かった点
・(32手目)手損しているのに端を突き合ってしまった。囲いを優先すべきだった。
・(38手目)51金は隙を作ってしまった手。86角と出られていたらかなりまずかった
・(66手目)58歩は攻めにも守りにもマイナスでしかなかった。もし負けていたらこれが敗着だった
・(92手目)同龍と取った方が安全だった。(51のと金と龍だけで攻めごまは十分だった)

やはり58歩が大悪手でした。攻め駒としては邪魔ですし、龍の自陣への効きも消してしまっていて、
寄せの速度がガクッと下がってしまったと思います。
あとは、本譜は咎められませんでしたが、38手目の51金がまずいですね。
何回も実戦で指している形なんですが・・・こういう手を指してしまうとは情けないです。

しかし内容はともかく、これで王将戦予選リーグで4勝上げることが出来て、トーナメント進出を決めることが出来たのが嬉しいです!
残すは5/18日のnocriaさん戦のみですが、nocriaさんが3勝1敗なので、
次自分が負けると4勝1敗タイになって、リーグ順位が上のnocriaさんが一位通過になってしまいます。
せっかくここまで4勝で来られたので、ここは何としても1位通過したい所です。
nocriaさんは前回taka-cさんを破った手ごわい相手ですが、1位通過目指して頑張って行きたいと思います。

それでは、今回はこの辺で失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK王将戦】vs taka-cさん

こんにちは。InQbusです。

今日はSMK王将戦、taka-cさん戦を振り返っていこうと思います。
現在C組では、taka-cさんとInQbusが2勝0敗で1位争いしている状態で、
この対局の結果によって、誰が予選ブロックを抜けるかが決まる大事な対局でした。



先手中飛車に対して、taka-cさんは5筋位取らせ型の持久戦策を取って来ました。
この形はR対局でもよく指していて、24で指している感じでは、先手中飛車に対し、この居飛車持久戦策か、3間飛車か、相中飛車かがほとんどといった感じです。
なので経験もあり、自信はあったのですが、38手目の後手65銀ぶつけ~66歩がうまい手で、一本取られてしまいました。(しかしこの銀ぶつけ~66歩の筋は知らないと対策できなそうなので、勉強になりました。)

本譜は大駒を捌いて何とか勝負型になりましたが、56手目△66角~69角打ちとされていたらこちらの飛車が捌けず、劣勢だったと思います。

終盤は、自分もtaka-cさんも結構間違えていたと思います。
ですが117手目の35金が決め手になり、なんとか勝利することが出来ました。
taka-cさん、ありがとうございました。

この大きな1局を勝つことが出来て、トーナメント進出に王手をかけることが出来ました。
次は5/11日のnakamura nobuoさん戦ですが、引き続き頑張っていこうと思います!

それでは今日はこの辺で失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK王将戦】vs 930okuyuさん

こんにちは。InQbusです。

今日はSMK王将戦930okuyuさん都の対局を振り返っていこうと思います。

930okuyuさんとは初手合い。
居飛車党で、非常に定跡に詳しい方で、特に矢倉には相当自信を持たれているようです。
以前、taka-cさんvs930okuyuさんの矢倉戦を観戦したことがあるのですが
あまりに完璧な差し回しに、「この強さでこのレートはおかしい!」とびっくりしたことを覚えています。
機会があるときに、ぜひとも矢倉で指して教えてもらいたいですが、棋戦で矢倉を挑む勇気はありませんw



中盤~終盤までほぼ互角の戦いが続きましたが、
81手目の▲54銀があまり良くなく、この手を境に形勢が良くなった気がします。

気になった点としては、22手目△56歩と飛車先の歩を交換するのは、
定跡では、あまりよくない手らしいということです。(具体的にどう悪いのかは分かりません)
44の銀が重いカタチなので、動きやすくするためにも歩は交換できるときに交換したいような気がします。
気になる変化なので、調べてみ様と思いますが、
どなたか詳しい方が居たらコメントなどで教えていただけるとありがたいです。

それでは、今回はこれで失礼します。

続きを読む »

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK王将戦】vs kikutimasahitoさん

こんにちは・InQbusです。

この前、千駄ヶ谷に行く用事があって、せっかくなので将棋会館に行ってみたいなと思い、
初めて、将棋会館道場に行って来ました。
道場に行くのがまず初めてで、最初は全然システムが分からなかったんですが、
どうやら、「手合いカード」というものに、自分の名前とか段級を書いて、手合い係の人に渡しておくと、
棋力が同じくらいの人とマッチングしてくれるというシステムらしいです。
段級は、「将棋倶楽部24で1~2級くらい」と告げると、3段位だと判断されたようで
、二~三段くらいの人と対局することになりました。
結果は、
・vs2段 2勝0敗
・vs3段 1勝1敗 で、まぁ2~3段で合っているのかな・・・という感じでした。
ちなみに、将棋倶楽部24で指すという3段の人と対局した時に、
24の段級を聞いてみたんですが、2段くらいと言っていました。
24の2段に負けたのなら納得ですね。むしろ2段といい勝負ができて満足でしたw
自分は平日にいったのですが、下は小学校1年くらい、上は70歳くらいまで、本当に様々な人が
将棋を楽しんでいるという感じで、大いに刺激を受けました。
また機会があれば、遊びに行きたいですね。

さて、SMK王将戦が始まり、早速1局指しました。
1回戦、kikutimasahitoさんとの対局を振り返っていきたいと思います。



中盤の攻め方を間違えて、正しく対応されたら攻めが切れていたと思います。
そのあと、こちらも応手を間違えて、飛車を打ち込まれる展開になってしまいましたが、
先手から飛車を切った後に攻めを決めきれなかったこともあり、
先手からの攻めを一旦しのいでから、飛車を打ち込んで、先手陣は飛車に弱い形だったので
飛車打ちから寄せ切る事ができました。

先手は飛車を切らずに攻めを継続することが出来たと思うので、
飛車を渡さずに攻めたほうが安全だったかな・・・と思いました。
kikutimasahitoさん、ありがとうございました。

それでは、今回はこれで失礼します。


テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK棋聖戦】vs nyankichiさん

InQbusです。今日はSMK棋聖戦 2回戦の自戦記を書いていきます。

相手はnyankichiさん。
現棋聖のタイトル保持者の実力者です。




中盤、左辺での攻防がよく分からず、77桂の大悪手から銀損になり、中盤はいいところがなかったです。
終盤で強引に勝負型に持ち込む事は出来ましたが、
こちらが受けを間違えてしまい、穴熊の硬さを活かすことなく、見事に寄せ切られてしまいました^^;

王位戦hamamotoさん戦と同じく、
中盤に複雑な変化になってから、こちらのミスで悪くする展開になってしまいました。

前回の反省から、中盤よくわからない時は無難な手を指すように気をつけてはいたんですが、
それでもダメでした(笑)
こういうよくわからない場面で、下手な手をささないコツって有るんでしょうか^^;

反省点をまとめると
1.(6手目)銀は22より42に上がったほうが、後の活用が楽だった。
2.(48手目)35歩からの仕掛けが見えなかった。
3.(62手目)53角じゃなく、51角として次に32飛車を狙うべきだった
4.(64~66手目)同歩同銀36歩ははまずかった。先手が一方的に軽い形になってしまった。
5.(70手目)33桂は大悪手。(この時点で既に悪いですが、劣勢を決定づけてしまった手)
6.(80手目)44歩~54桂馬を狙えば、まだまださせる展開だった。
7.(108手目)先に△77歩成▲同銀△78歩を決めてから、金を取るべきだった。
8.(116手目)代わりに78金とすべきだった。
9.(122手目)84桂馬はて抜いてはいけない手だった。というか、84に簡単に飛ばせてはいけなかった。

自分指し手が悪かったのはモチロンですが、感想戦で色々と指摘をいただいた結果、
過去最高に反省点が多い試合になってしまいました(笑)
(観戦者のtaku04042005さんには、感想戦に遅くまで付き合っていただき、たくさんのアドバイスをいただきました。ありがとうございました)
これだけの反省点があれば、負けるのもやむなしという感じですね・・・

でも、これだけ内容の有る感想戦ができるのもSMK棋戦の魅力だと改めて思います。
もし自分一人で感想戦していたら、ここまで反省点が見つかることはないでしょうw

残念ながら自分の棋聖戦はここで終わってしまいましたが、
つぎの棋戦に向けて、反省点の少ない試合ができるよう、力をつけていきたいと思います。

それでは、今回はこれで失礼します!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。