スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMK順位戦第4局

こんにちは、InQbusです。
今日もSMK順位戦B1第4局の自戦記を書いていこうと思います。
第4局の相手は、nさんです。
nさんとは初対局なので、どんな展開になるのか楽しみにしていました。



難しい将棋でしたが、勝ちをつかむことが出来ました。
どちらが買ってもおかしくない将棋でしたが、
76手目辺りの指し手で、明暗がはっきり別れてしまった気がします。
仮に、76手目△56銀のところで△42飛車▲44歩の交換が入っていたとして、
それから△56銀としていたら、80手目△55角の王手飛車に▲77角の切り返しが効かず、
先手悪かったかもしれません。

自分の反省点ですが、
43手目▲46角がとにかく悪手で、この手以降、劣勢になってしまいました。
負けていればこれが敗着になっていたと思います;;
他に有効な手が見えずに指してしまったわけなんですが、
端歩をついて様子を見るとか、もっと手はあったはずです。

自分はどうも、有効な手待ちをするのが苦手で、こういうぼんやりとした角を打ってしまうことが多いです。
有効な手街ちができるようになりたいものです。

それでは、今回はこのへんで失礼します!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。