スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SMK王将戦】vs kikutimasahitoさん

こんにちは・InQbusです。

この前、千駄ヶ谷に行く用事があって、せっかくなので将棋会館に行ってみたいなと思い、
初めて、将棋会館道場に行って来ました。
道場に行くのがまず初めてで、最初は全然システムが分からなかったんですが、
どうやら、「手合いカード」というものに、自分の名前とか段級を書いて、手合い係の人に渡しておくと、
棋力が同じくらいの人とマッチングしてくれるというシステムらしいです。
段級は、「将棋倶楽部24で1~2級くらい」と告げると、3段位だと判断されたようで
、二~三段くらいの人と対局することになりました。
結果は、
・vs2段 2勝0敗
・vs3段 1勝1敗 で、まぁ2~3段で合っているのかな・・・という感じでした。
ちなみに、将棋倶楽部24で指すという3段の人と対局した時に、
24の段級を聞いてみたんですが、2段くらいと言っていました。
24の2段に負けたのなら納得ですね。むしろ2段といい勝負ができて満足でしたw
自分は平日にいったのですが、下は小学校1年くらい、上は70歳くらいまで、本当に様々な人が
将棋を楽しんでいるという感じで、大いに刺激を受けました。
また機会があれば、遊びに行きたいですね。

さて、SMK王将戦が始まり、早速1局指しました。
1回戦、kikutimasahitoさんとの対局を振り返っていきたいと思います。



中盤の攻め方を間違えて、正しく対応されたら攻めが切れていたと思います。
そのあと、こちらも応手を間違えて、飛車を打ち込まれる展開になってしまいましたが、
先手から飛車を切った後に攻めを決めきれなかったこともあり、
先手からの攻めを一旦しのいでから、飛車を打ち込んで、先手陣は飛車に弱い形だったので
飛車打ちから寄せ切る事ができました。

先手は飛車を切らずに攻めを継続することが出来たと思うので、
飛車を渡さずに攻めたほうが安全だったかな・・・と思いました。
kikutimasahitoさん、ありがとうございました。

それでは、今回はこれで失礼します。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

対局及びご指導有難う御座いました。

対局及びご指導有難う御座いました。
卒業生の方からご指導いただきなんか強くなった気がします。w
自分自身将棋になみがあり困っております。。
又機会がありましたら是非ご指導宜しくお願い致します。

Re: 対局及びご指導有難う御座いました。

kikutimasahitoさん

コメントありがとうございます。
是非またよろしくお願いします。

将棋に波が出る・・・というのはよく分かります。
自分も調子のいい時と悪い時がはっきりわかれる方で、
過去の棋譜なんかを見ていても、
深く読める時と、そうでない時で随分将棋の内容に差が出ているなぁと思います。

コメントを書いていて、波をなくすには、読みの深さに頼らない将棋を指せばいいのかなと思いました。
そういう意味では、大山康晴のような、大局観で指す将棋が理想なんでしょうか
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。