スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3MK歓迎戦】vs KenchinGさん

こんにちは。InQbusです。

先日念願の初段を達成した訳なんですが、まずやったことが3MKへの入会申請でしたw
しかし、少し前まで、自分にとっては雲の上の存在だっただけに、
まさかこんなに早く入会資格がゲット出来るとは思ってもいませんでした。

ちなみに3MKでは、歓迎戦というしきたりがあるようで、
新規入会する際には3MKのメンバーと1局指し、それから正式入会する流れになります。
自分の対戦相手は誰かというと、SMKでもお世話になっていたKenchinGさんでした。

今日はKenchinGさんによる歓迎戦を振り返って行きたいと思います。



何度戦っても強いですね。。。正直勝てる気がしませんw

本譜の山場は29手目で、ここが方針の分かれ目でした。
本譜は高美濃にしてからゆっくり攻める方針で左金を上げていったのですが、
結局45歩で阻止され、左金の位置が悪く、中途半端になってしまったのがまずかったです。
中央が重い形になっている内に、1歩を使って8筋を突破されてしまったのが敗因です。

あそこは中途半端に金を上がるのではなく、26歩から角を圧迫しつつ銀冠にする。
もしくは36歩から矢倉にして、意地でも46歩を付きに行くべきでした。
KenchinGさん、ありがとうございました。とても勉強になりました。

3MKの厳しい洗礼を受けてしましましたが、これで晴れて3MKの会員になることが出来ました。
強い方と戦って、観戦し、色々と教えていただきながら、更に強くなりたいと思います。
3MKの皆さん。よろしくお願いします。

それでは、今回はこれで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK王将戦】vs kikutimasahitoさん

こんにちは・InQbusです。

この前、千駄ヶ谷に行く用事があって、せっかくなので将棋会館に行ってみたいなと思い、
初めて、将棋会館道場に行って来ました。
道場に行くのがまず初めてで、最初は全然システムが分からなかったんですが、
どうやら、「手合いカード」というものに、自分の名前とか段級を書いて、手合い係の人に渡しておくと、
棋力が同じくらいの人とマッチングしてくれるというシステムらしいです。
段級は、「将棋倶楽部24で1~2級くらい」と告げると、3段位だと判断されたようで
、二~三段くらいの人と対局することになりました。
結果は、
・vs2段 2勝0敗
・vs3段 1勝1敗 で、まぁ2~3段で合っているのかな・・・という感じでした。
ちなみに、将棋倶楽部24で指すという3段の人と対局した時に、
24の段級を聞いてみたんですが、2段くらいと言っていました。
24の2段に負けたのなら納得ですね。むしろ2段といい勝負ができて満足でしたw
自分は平日にいったのですが、下は小学校1年くらい、上は70歳くらいまで、本当に様々な人が
将棋を楽しんでいるという感じで、大いに刺激を受けました。
また機会があれば、遊びに行きたいですね。

さて、SMK王将戦が始まり、早速1局指しました。
1回戦、kikutimasahitoさんとの対局を振り返っていきたいと思います。



中盤の攻め方を間違えて、正しく対応されたら攻めが切れていたと思います。
そのあと、こちらも応手を間違えて、飛車を打ち込まれる展開になってしまいましたが、
先手から飛車を切った後に攻めを決めきれなかったこともあり、
先手からの攻めを一旦しのいでから、飛車を打ち込んで、先手陣は飛車に弱い形だったので
飛車打ちから寄せ切る事ができました。

先手は飛車を切らずに攻めを継続することが出来たと思うので、
飛車を渡さずに攻めたほうが安全だったかな・・・と思いました。
kikutimasahitoさん、ありがとうございました。

それでは、今回はこれで失礼します。


テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

初段達成!

InQbusです。

SMKに入会してから3年弱・・・将棋倶楽部24に初めてアカウントを作ってから約7年・・・
本日、とうとう初段を達成しました!!

(正直、まだ初段だという実感はありませんw)

証拠写真
初段達成の様子

初段達成を決めた一局です。


途中まで酷い負け将棋で、全然誇れるものではないですが
粘り強く指した結果、勝ちを拾うことが出来ました。
(正直、こんなもらい勝ちで昇段を決めてしまっていいのか!?という感じですw)

しかし、初段を達成するに当たって、SMKの存在は本当に大きかったなと思います。
SMKに入るまでは、自分の将棋は、ろくに考えず、一方的に攻めこんで、攻めが切れたら負けという、「ガサツな」ものでした。
しかし真摯な姿勢のSMKの皆さんと対局を重ねる内に、なんというか、ネット上の対戦相手にも敬意を払えるようになりました。
そしてだんだんと、相手の言い分を聞きつつ、少しづつポイントを稼ぐような指し回しができるようになっていった気がします。(結局のところ将棋は、すぐに自分だけ良くなろうとしても、なかなか良くならないものだということですね。)
もしSMKに入っていなかったら、ネット上の対戦相手に敬意を払えず、雑な将棋を指し続けていて、全然上達できないままだったんじゃないかと思います・・・

初段を達成できたのは、本当にSMKの皆さんのおかげだと思います。
これからも引き続き、よろしくお願いします。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK棋聖戦】vs nyankichiさん

InQbusです。今日はSMK棋聖戦 2回戦の自戦記を書いていきます。

相手はnyankichiさん。
現棋聖のタイトル保持者の実力者です。




中盤、左辺での攻防がよく分からず、77桂の大悪手から銀損になり、中盤はいいところがなかったです。
終盤で強引に勝負型に持ち込む事は出来ましたが、
こちらが受けを間違えてしまい、穴熊の硬さを活かすことなく、見事に寄せ切られてしまいました^^;

王位戦hamamotoさん戦と同じく、
中盤に複雑な変化になってから、こちらのミスで悪くする展開になってしまいました。

前回の反省から、中盤よくわからない時は無難な手を指すように気をつけてはいたんですが、
それでもダメでした(笑)
こういうよくわからない場面で、下手な手をささないコツって有るんでしょうか^^;

反省点をまとめると
1.(6手目)銀は22より42に上がったほうが、後の活用が楽だった。
2.(48手目)35歩からの仕掛けが見えなかった。
3.(62手目)53角じゃなく、51角として次に32飛車を狙うべきだった
4.(64~66手目)同歩同銀36歩ははまずかった。先手が一方的に軽い形になってしまった。
5.(70手目)33桂は大悪手。(この時点で既に悪いですが、劣勢を決定づけてしまった手)
6.(80手目)44歩~54桂馬を狙えば、まだまださせる展開だった。
7.(108手目)先に△77歩成▲同銀△78歩を決めてから、金を取るべきだった。
8.(116手目)代わりに78金とすべきだった。
9.(122手目)84桂馬はて抜いてはいけない手だった。というか、84に簡単に飛ばせてはいけなかった。

自分指し手が悪かったのはモチロンですが、感想戦で色々と指摘をいただいた結果、
過去最高に反省点が多い試合になってしまいました(笑)
(観戦者のtaku04042005さんには、感想戦に遅くまで付き合っていただき、たくさんのアドバイスをいただきました。ありがとうございました)
これだけの反省点があれば、負けるのもやむなしという感じですね・・・

でも、これだけ内容の有る感想戦ができるのもSMK棋戦の魅力だと改めて思います。
もし自分一人で感想戦していたら、ここまで反省点が見つかることはないでしょうw

残念ながら自分の棋聖戦はここで終わってしまいましたが、
つぎの棋戦に向けて、反省点の少ない試合ができるよう、力をつけていきたいと思います。

それでは、今回はこれで失礼します!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。