スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3MK名人戦】vs -k238-さん

こんにちは。InQbusです。

今回は3MK名人戦 -k238- さん戦を振り返ります。



良かった点

  • 先手先手で攻める展開に持ち込むことが出来た。(戦いが始まってから守りに掛けた手は52歩の一手のみ)

  • (54手目)53歩の瞬間に詰めろをかけたのが冷静な1着だった。


悪かった点

  • (38手目)25香からと金を作る方が明快だった



先手先手で攻めていれば良い展開だったのが勝因だったのかと思います。
これがもし守りに手を入れなくてはいけない展開だったら、正直な所勝てる気はしませんw
攻守を見定め無くてはいけない複雑な局面になると正しい判断ができなくなり、競り負けてしまう。
それが自分の弱点であり、克服すべき点だとは思っていますw
複雑な局面で競り負ける典型

しかしともかく!-k238-さんは格上の相手。というイメージが強かったので、勝てて非常に嬉しかったです。
残りの名人戦2局も頑張ります。
それでは、今回はこの辺で失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【3MK名人戦】vs keme 2さん

こんにちは。InQbusです。

久しぶりに自戦記をアップしたいと思います。
今回のお相手はkeme2さんです。



良かった点

  • 居飛車の陣形の不備(36歩が遅れている)を突き作成勝ちにできた

  • 中盤からは作戦勝ちを生かし、有利な局面を築く事が出来た


悪かった点

  • 終盤の方針を間違えた。玉の硬さを生かして攻め合いに出るべきだった



78手目が後手にとっての方針転換点でした。
本来はここで69銀や56歩や66銀など、捌いた駒をつかって▲陣に迫る手を指すべきでした。
しかし本譜は中盤での中央の戦いから意識を変えることができず、
飛車を使ってガンガンせめていくべき局面で、中央に働きかける53飛をさしてしまいました。
これが敗因かと思います。

最近、居飛車との対抗型での成績が悪く、逆に相振り飛車では意外と良い成績を残しています。
長い間、この原因が分からなかったのですが、本譜で原因が分かった様な気がします。
キーは、「中盤から終盤の戦場の切り替え」ではないでしょうか。

相振りの場合中盤から直接玉を攻めていくので、中盤と終盤で戦場の切り替えが必要ありません。
一方居飛車との対抗型では、多くの場合、玉から離れた場所で戦った後、
今度は主戦場を相手玉付近に変え、捌いた駒を元に相手玉を攻めていくと思います。
自分はその切替がうまく出来ていないために、対抗型での成績が振るわないのではないか・・・という気がします。

今後は、「中盤から終盤への切り替え」を頭に置いて指してみようかなと思います。
それでは、今回はこの辺で失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【SMK竜王戦】vs krhr0606さん

こんにちは。InQbusです。
だいぶ日にちがたってしまいましたが、SMK竜王戦 krhr0606さん戦を振り返っていきます。



良かった点

  • 中飛車からの5筋歩交換に居飛車が2筋で反発する筋は、中飛車の中央の攻めが早く、
    どうやら中飛車が指せそうだということが分かった


悪かった点

  • (32手目)72玉~46角と角を切っての攻めは単調すぎた。35歩から桂頭を攻めていれば、左辺の桂銀が働く展開になり、攻めが続いていた

  • (60手目)45角は敗着となってしまった。代わりに56金でどうだったか

  • (116手目)ノータイム指しで、最後に転がってきたチャンスを逃してしまった



超速37銀に対しては、早めに5筋の歩を交換してしまうのが良い。というのが自分の結論です。
早めに歩を交換しておかないと、
前回の失敗のように、55歩、44銀の形が重すぎて、身動きが取れなくなってしまうからです。
本譜は、歩交換に対して居飛車が2筋で反発してきたのですが、
角と桂馬を手順に逃し、中央への殺到を狙えるため、中飛車が有望そうだということが分かりました。
本譜はそれ以降の方針が悪く、負けてしまいましたが
今回の対局で形を覚えることが出来たので、次回この形になった時は有利に進められそうかな・・と思います。

それでは、今回はこれで失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【3MK名人戦】vs MUNENAOさん

InQbusです。
今回は、先日行われた3MK名人戦 vs MUNENAOさん戦を振り返っていきます。



良かった点

  • 後手の玉頭位取りに対し、銀冠にして玉頭を守る方針は間違っていなかった

  • (97手目)14角と勝負を掛け、結果的に勝つことが出来た。



悪かった点

  • (41手目)66角と逃げたのが弱気で、これを機に後手にポイントを稼がれてしまった

  • 仕掛けが無理気味だった。玉頭の位を奪還しに行くとか、他に無難な手があった気がする

  • 終盤に悪手を連発してしまった。特に、85手目の▲56歩は全く勝負どころが見えていない悪手だった



形勢不明の展開が長く続いた将棋でしたが、
終盤の悪手連発で、一気に後手優勢になってしまったと思います。
最後の勝負手で勝ちをつかむことが出来たのは、まさに指運が良かったとしか言いようがありません。

それでは、今回はこれで失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

【3MK名人戦】vs taka-cさん

こんにちは。InQbusです。
今回は3MK名人戦 taka-cさん戦を振り返っていきます。



うーむ・・・惨敗です。
将棋の内容も悪く、先手をとって仕掛けるでもなく、
かと言って堅く囲ってカウンターを狙うでもなく、ただ漫然と、主張無く指してしまった気がします。
超速相手に何の目的もなく指すとこうなるよ・・・という悪いお手本の様な将棋でした。

良かった点

  • 苦しい形勢になりながらも、端攻めから活路を見出そうとする姿勢(これくらいしか見つからないですw)


悪かった点

  • 美濃に組んで攻めに行くなら、5筋の歩交換は入れておくべきだった。

  • 銀冠を有効活用できていない点。桂馬の両取りに弱い面だけが出てしまった。

  • 駒を十分に持ちながらも、それを生かした寄せが出来なかった



taka-cさんに敗れ、名人戦はこれで1勝2敗。
リタイヤした方の多いB級では巻き返しが効かないので、昇級は絶望的になってしまいました。
残すMUNENAOさん戦で最善を尽くすことで、少しでも実りの有る名人戦にしたいと思います。

それでは、今回はこれで失礼します。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。